2022年5月19日(木)

搬送を省力化 −グリーンプラス −

ワークの持ち込みデモも

テクニカルセンター内部
搬送の様子

 重量物の搬送設備の制作、販売を手掛けるグリーンプラス(大阪市都島区、06-6351-8092)は東大阪にあるテクニカルセンターで、アルミクレーンシステムによる搬送の実演やデモを実施している。

 同社が取り扱うアルミクレーンシステムは、スチール製のクレーンシステムと比較して自重が軽量。設置した建屋への負担を軽減できるほか、スチール製クレーンシステムと同程度の荷重に耐えることができる。またクレーンは手動で操作ができるため、作業者の直感的な操作にも対応する。アルミ製で錆びが発生し辛く、食品工場などでも利用されている。

 同社のテクニカルセンターでは、実際にワーク搬送の実演やデモを行っている。見学者はワークの搬送を実体験できるほか、現場で実際に搬送しているワークの持ち込みも可能。訪問やワークの持ち込みが難しい場合は、ワークをテクニカルセンターに郵送すると、実際に搬送している様子を動画で撮影。その動画をユーザーに送ることで、搬送の様子を確認できる。

 搬送システム部の仲真一氏は、「ユーザーによって、搬送したいワークの特徴は様々。テクニカルセンターでは、ユーザーの搬送したいワークに最適な搬送システムを実際に設計できるので、搬送の省力化を考えているのであれば、ぜひ活用して頂きたい」としている。

日本産機新聞 2021年2月5日

[ 企業紹介 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト