2021年11月30日(火)

異形工具対応を進化 −セイロジャパン–

シマトロンの最新版

 セイロジャパン(埼玉県春日部市、048-739-4332)はこのほど、CAD/CAMシステム「Cimatron(シマトロン)」の最新バージョンを発売した。CAM機能では、バレルやレンズなど異形状工具のツールパス機能などを強化。CAD機能では、STL機能を標準搭載したほか、冷却管設計の自動化などを追加した。

 CAM機能で強化した異形状工具のツールパス機能では、工具のどの部分を使用するかの指定が可能になり、より効率良く加工できるようになった。また、これまで外部だった旋盤機能をシステム環境内で実行可能にし、使い勝手を向上させた。

 CAD機能では金属3Dプリンタ向けの機能が強化された。STL機能を標準搭載したことによって、STLデータが編集しやすくなったほか、冷却管設計の自動化で設計効率が改善する。また、新たに追加された補正機能では、成形モデルから金型の設計を変更して、成形品の反りを補正することも可能になった。

 同社では自社サイト内でウェブ展示会を開催し、最新バージョンの追加機能などを紹介している。

日本産機新聞 2020年12月20日

[ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

三菱マテリアル 切削アカデミーオンラインにドリリングコースを追加

三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、切削工具ユーザーの技術者育成を目的としたオンライン講習会「切削アカデミーオンライン」2021年度下期の開催スケジュールを公開した。穴あけ作業の具体的な […]

松浦機械製作所 5軸立形MC「MXシリーズ」に新機種

直径420㎜対応 松浦機械製作所(福井県福井市、0776-56-8100)は、5軸制御立形マシニングセンタ「MXシリーズ」に、最大工作物寸法が直径420㎜×高さ300㎜の「MX‐420PC10」(写真)を追加し発売した。 […]

ジーネット 東京機械加工システム展

11月19・20日 東京流通センターで 最新の機械や工具などの機械加工に特化した展示会「東京機械加工システム展」が11月19・20日、東京都大田区の東京流通センターの第二展示場で開かれる。最新技術や製品の展示はもとより、 […]

トピックス

関連サイト