2022年1月24日(月)

子供向けイベント復活 −コノエ –

オンライン展は好評 リアルもコロナ対策

 ネジ商社のコノエ(大阪府東大阪市、06・6746・1903)は11月7・8日の2日間、アジア太平洋トレードセンター(ATC)・ロボットストリートの子供向け体験型イベントに、同社が取り組む「にじいろのネジプロジェクト」として参加し、ロボットキャラクターやドライバー作りを行った。コロナ禍もあり、今回はオンラインとリアルを分けて体験イベントを実施した(写真)。

 オンラインでのイベント開催は今回が初めて。リアルとは異なる環境で子供たちの集中力を持続させるため、BGMやクイズ番組などで使われる効果音を使い、1時間のイベントを楽しめるように工夫。担当者は「オンラインの楽しみ方をどう伝えれば良いか難しかった」と話すが、参加した5人の子供たちからは好評で、ロボットキャラクター作りを楽しんだ。

 リアルイベントもコロナ対策としてマスクやフェイスシールドの着用や消毒を徹底して実施し、2日間で65人が参加。「ネットよりリアルで顔をつき合わせる方が安心感もあり、根強い人気があるのが現状」という。ただ、コロナ禍でオンラインイベントが増えてくることが予想されるため、「現状の課題を少しずつ改善し次につなげたい」と担当者は話す。

 同社は12月27日まで行われている「おおさかまるごとオンラインキャンパス2020」にも参加している。同イベントは毎年夏に開かれる「あべの天王寺・サマーキャンパス」がコロナ禍で中止となり、オンラインイベントに変更した。同社もオンラインを使って、ものづくりの楽しさを子供たちに伝え続ける。

日本産機新聞 2020年11月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト