2021年11月28日(日)

淀川電機製作所が「YMS」に新サイズ

作業スペース広く

YMS40J 淀川電機製作所(大阪府豊中市、06・6853・2621)は7月1日、工作機械サイド専用エアブロー作業台YMSシリーズのベーシックタイプに新サイズの「YMS40JA(B)」を追加ラインナップした。近年、工場内の環境改善に力を入れるユーザーが増えており、サイズを拡充し、ユーザーニーズに応える。

 YMSシリーズは工作機械サイドに設置し、ワークを作業台上でエアブローすることで、飛散するはずの切削粉や油を集塵し、工場内の環境をきれいな状態に保つ。新サイズのYMS40JA(B)は広い作業間口を求めるユーザーの声から開発し、従来品(YMS20JA)の寸法W368×D242㎜に比べ、W533×D242㎜と間口を広くし、十分な作業スペースを確保することで作業性を高めると同時に、集塵力を向上させた。同社担当者は「対策せずにエアブローすると、工場内に切削粉や油、ミストが飛散してしまう。エアブロー作業台内部で作業することで作業環境の改善が期待できる」と話す。同シリーズはロボットによる自動化ラインへの組込の実績もある。

 今後はデモ実演による販促活動を行うほか、商社や販売店などの展示会でも披露していく。

日本産機新聞 平成28年(2016年)8月25日号

[ 日本産機新聞 ][ 環境機器・工場管理 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

三菱マテリアル 切削アカデミーオンラインにドリリングコースを追加

三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、切削工具ユーザーの技術者育成を目的としたオンライン講習会「切削アカデミーオンライン」2021年度下期の開催スケジュールを公開した。穴あけ作業の具体的な […]

松浦機械製作所 5軸立形MC「MXシリーズ」に新機種

直径420㎜対応 松浦機械製作所(福井県福井市、0776-56-8100)は、5軸制御立形マシニングセンタ「MXシリーズ」に、最大工作物寸法が直径420㎜×高さ300㎜の「MX‐420PC10」(写真)を追加し発売した。 […]

ジーネット 東京機械加工システム展

11月19・20日 東京流通センターで 最新の機械や工具などの機械加工に特化した展示会「東京機械加工システム展」が11月19・20日、東京都大田区の東京流通センターの第二展示場で開かれる。最新技術や製品の展示はもとより、 […]

トピックス

関連サイト