2021年1月21日(木)

ルッドリフティングジャパン スペイン製ハッカーを発売
玉外しを遠隔操作

安全、作業性を改善

ルッドリフティングジャパン オートリリースハッカー
吊り荷の近くに人がいなくても玉外し作業ができる「オートリリースハッカー」
 ルッドリフティングジャパン(大阪市平野区、06・6795・6717)はスペイン・エレビア社の玉外し作業が遠隔で操作できるハッカー「オートリリースハッカー」を発売した。吊り荷の近くに人がいなくても玉外し作業ができるので安全性の確保や、作業効率の改善につながる。

 ハッカーはヤッカーやフックとも呼ばれ、港湾や製鉄所などで鉄板や鉄管、形鋼などの吊り上げに使われる。これまでのハッカーでは、玉掛けも玉外し作業も手動で行う必要があった。このため、重量物の運搬では多人数が必要で、吊り荷の近くで作業するため危険性もあった。

 オートリリースハッカーは、玉掛けは手動で行うが、玉外しはバッテリーを使い、リモコンで遠隔操作できる。複数の人が必要だった玉外し作業が遠隔で自動操作できるので省人化にもつながる。さらに、吊り荷の近くに人がいなくても作業できるので、安全性の確保にもつながる。

 遠隔操作をするために安全性もより高めた。吊り上げ時に誤ってフックが開かないような設計としたほか、LEDのディスプレイで吊り上げ可能、禁止、バッテリーが残り少ないといった遠くからでもハッカーの状況をひと目でかかるようにした。

 吊り荷によってアタッチメントを交換でき、鋼板、H形鋼、パイプ用など様々な搬送物に対応する。使用荷重は4トンで、100mの距離まで遠隔操作でき、バッテリーは3時間の充電で5000サイクル使用できる。

日本産機新聞 平成30年(2018年)5月20日号

年頭所感 −マサダ製作所 社長 鈴木 久之−

体力ある強い会社作り  昨年の日本そして世界を語るのは新型コロナ感染症しかありません。昨年は目の前に突きつけられた現実にどう対応するか?悩み、惑い、憂う日々でした。  『このピンチをチャンスに!!』と、社内の課題を挙げて […]

年頭所感  スイデン 社長 川合 雄治−

あらゆることにチャレンジ  当社はお客様を思い、「快適をかたちにする」を企業理念として歩み続けて73年。昨今は様々な事象が表面化し、企業としての変化を問われており、従来の社会常識が当て嵌らない新状態へ移行しなくてはなりま […]

年頭所感 −DMG森精機 社長 森 雅彦−

デジタルとリアルを活用  当社はお客様がいつでもどこからでもアクセスでき、リアルタイムでつながるデジタル化の提案を推進しています。  my DMG MORIポータルでは、保有機情報を一元管理でき、急なトラブル時もサービス […]

トピックス

関連サイト