2022年1月24日(月)

ふぁいと!!〜機械工具業界で活躍する女性たち〜
日本レヂボン 北岡 奈央さん
演劇も仕事もチームワーク

ふぁいと!!〜機械工具業界で活躍する女性たち〜No.5
日本レヂボン 業務部業務課 北岡 奈央さん

ふぁいと!!No.5
 1990年生まれ。2013年和歌山大学経済学部市場環境学科卒、日本レヂボン入社。大阪営業所で4年、昨年10月から国内営業本部業務部。4歳からエレクトーンを習い今も続ける。作曲も。兵庫県加西市出身、27歳。
 人との会話が得意な方ではない。言葉が浮かばなくて質問や主張をできないときがある。そんな自分を知っているから、入社から心掛けているのが「相手の考えを理解できるまで聞き、自分の思いを丁寧に伝えること」。

 心掛けが成果になったのが営業の頃、同行PRで訪ねた重工メーカー。ステンレスの加工で困っていた。そこで砥石6種類の特性を体系的に記し、資料を渡した。「こんなに分り易いのは初めて、と注文をくれたんです」。

 大学では演劇部で演出を担当。ゼロから生み出すことや後方支援することに魅力を感じた。仕事も創造することがしたかった。日本経済の基幹産業、製造業を支える砥石を創る会社。色んな会社を受けた就活中、巡り合わせを感じた。

 昨年10月から代理店からの注文を製造部門に伝える業務部に。異動して思うのは部門の連携。「演劇の成功のカギは個々の技能よりチームワーク。仕事もきっと同じ。部門が協力すれば生産性はもっと上がるのでは」。

日本産機新聞 平成30年(2018年)2月5日号

[ ふぁいと!! ][ インタビュー ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト