2022年6月28日(火)

【ウェブ限定】金型向け加工機「MVR-Fx」―三菱重工工作機械

金型向け門形高精度加工機「MVR-Fx」 三菱重工工作機械(滋賀県栗東市)は、大形工作機械の主力である門形五面加工機MVRシリーズの新モデル、金型加工向けの高精度加工機「MVR-Fx」を開発し好評を得ている。

 本体は「高剛性シンメトリカル構造」、サーモスタビライザを採用しているため、外気温の変化による変形を制御する。主軸は、冷却油を主軸内部まで通して直接冷やす「主軸内部冷却機構」となっているので、高速回転時2万回転/分の温度変化や回転ぶれを抑制する。送り駆動系は運動性能向上のために、サーボモーターをボールネジの両端に直結させる「ゼロギャップドライブシステム」を新たに開発し搭載した。
 
 さらに金型加工プロセスの効率化をサポートする「撮像式工具測定システム」も装備が可能な上、加工対象物を自動計測する最新の光学式三次元ワーク計測システムも対応している。これら新機構により、作業時において熱変位や、動作補正をサーボモーター調整に依存することなく、高精度で高品位な加工ができる。

 「MVR30Fx」の主な仕様(MVR35Fx)▽テーブル=幅2000×長さ3000㎜(2500×4000㎜)▽積載質量=20t(25t)

[ 【ウェブ限定】 ][ 工作機械 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト