2022年1月24日(月)

機械工具工業会
前年比3.3%減に下方修正

16年度生産見通し

自動車減産など影響

 日本機械工具工業会(本間博夫会長)は12月12日、浜松町東京會舘(東京都港区)で開かれた秋季総会で2016年度生産額見通しを当初予想の4600億円から前年同期比3.3%減の4467億円に下方修正したと発表した。

 本間会長は理由について「国内自動車生産の減産や、中国をはじめとした新興国市場の景気減退が影響した」と分析した。一方で、「JIMTOFで発表された新商品を始め、(会員各社が)絶え間ない技術革新によって世界市場で戦える商品を打ち出しているので、当面の目標としている5000億円は必ず達成できる」と話した。

 そのほか総会では、新入会員として、日本コーティングセンター、CemeCon(セメコン)、鈴峰の3社が紹介され、会員数は正会員76社、賛助会員51社、合計127社となった。

日本産機新聞 平成29年(2017年)1月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト