2022年8月16日(火)

トラスコ中山のデータセンター「Solemare ソルマーレ」

大輪咲かす水と太陽

 トラスコ中山といえば「トラスコ オレンジブック」や、在庫50万点を目指すというその物流力。その全てを支えるのがデータの管理だ。

 その中核をなす東京本社内にあるデータセンターは「ソルマーレ」と名付けられている。その意味はSole(太陽)とMare(水・海)という意味のイタリア語を掛け合わせた造語だ。

 同社の東京本社ビル名称は「トラスコフィオリートビル」。フィオリートには花という意味があり、大輪の花を咲かせるにはソルマーレ(水と太陽)が必要との想いが込められている。

日本産機新聞 平成28年(2016年)5月25日号

[ コラム ][ 命名 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

IZUSHI テクノマーク自動刻印機のワイヤレスモデルを発売

IZUSHI(大阪府東大阪市、06-6747-6184)はテクノマーク社(仏)の自動刻印機の新モデルであるワイヤレスモデル「CONNECTシリーズ」を今夏に発売する。WIFI接続でコントローラとマーキングヘッド間のケーブ […]

田野井製作所 田野井 義政会長に聞く

旭日単光章を受章 タップ・ダイスメーカー、田野井製作所(埼玉県白岡市、0480-31-7658)の会長である田野井義政氏が、令和4年春の叙勲で旭日単光章を受賞した。1987年から約25年に渡って社長を務め、先進的なものづ […]

東京精密 イエナオプティック社と提携

Shaftcomを披露 非接触かつ高速に測定可能 東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)は5月25、26日、土浦計測センター(茨城県土浦市)で光学式シャフト形状測定機「Shaftcom (シャフコム)」のオ […]

トピックス

関連サイト