2022年8月16日(火)

三菱マテリアルが超硬工具の新被膜

4倍以上長寿命化

アルミリッチコーティング 三菱マテリアルはこのほど、超硬工具の寿命を4倍以上伸ばせるTiAlN膜のコーティング技術を開発したと発表した。鋳鉄からステンレス、チタンなど幅広い被削材に対応する。同コーティングを採用した新材種も発売した。

 開発したのは「アルミリッチコーティング」。TiAlN膜では、アルミ(Al)の含有率を高めると耐摩耗性や耐熱性が向上するが、6割以上の含有率になると逆に効果が低下するとされる。今回含有率を高めても、膜硬さや特性が低下しない技術を開発した。これにより、従来3000HV程度だった硬さを約4000HVにまで高めることに成功。同社によると、TiAlN膜では世界最高の硬度だという。

 また、耐酸化性や耐クラック進展性も高め、材料や条件にもよるが、4倍から12倍程度まで長寿命化を実現した。

 対象材種が幅広いのも特長。軟鋼、炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼、鋳鉄、チタンや耐熱合金などで効果を発揮する。

 今回の開発に合わせて、同コーティングを採用した新材種「MV1020を発売した。汎用正面削りカッタ「ASX445」と、汎用肩削りカッタ「ASX400」のインサート「JMブレーカ」と「JHブレーカ」をそろえた。

 同被膜を採用したアイテムを拡大していく予定。

 
日本産機新聞 平成28年(2016年)3月25日号

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

IZUSHI テクノマーク自動刻印機のワイヤレスモデルを発売

IZUSHI(大阪府東大阪市、06-6747-6184)はテクノマーク社(仏)の自動刻印機の新モデルであるワイヤレスモデル「CONNECTシリーズ」を今夏に発売する。WIFI接続でコントローラとマーキングヘッド間のケーブ […]

田野井製作所 田野井 義政会長に聞く

旭日単光章を受章 タップ・ダイスメーカー、田野井製作所(埼玉県白岡市、0480-31-7658)の会長である田野井義政氏が、令和4年春の叙勲で旭日単光章を受賞した。1987年から約25年に渡って社長を務め、先進的なものづ […]

東京精密 イエナオプティック社と提携

Shaftcomを披露 非接触かつ高速に測定可能 東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)は5月25、26日、土浦計測センター(茨城県土浦市)で光学式シャフト形状測定機「Shaftcom (シャフコム)」のオ […]

トピックス

関連サイト