2022年6月28日(火)

ヤマザキマザック 西日本テクノロジーセンターをリニューアル

工場運営をサポート

マザック西日本。

ユーザーの工場経営全体までサポート展開するヤマザキマザック(山崎智久社長)は、7月25、26日の両日、リニュアールオープンした東大阪市の西日本テクノロジーセンタで、グランドフェアを開催した。

最新のMC、レーザー

約630人のユーザーと代理店の営業マンが、最新の情報発信施設を一目見ようと詰めかけ、常設の工作機械、レーザ加工機9台と最先端の機械加工技術やアプリケーションに直に触れた。「ここでは、本社、米国、欧州のテクノロジーセンタと同等の高度・高品位な加工アプリケーションがご提案できる。両日は、ディラーのご担当者と弊社の技術者がマンツーマンで、デモ機を操作し、ソフトのご説明もさせてもらった。お蔭様で、初日には、航空機部品加工メーカー様から大型商談が持ち込まれ、拠点を常に最新の情報発信基地にする」とは、山崎高嗣副社長。
 リニュアールされた内装は白一色、2階の天井まで吹き抜きになった延べ床面積約1400㎡の明るい空間に、同社の最新鋭工作機械9台が常設展示された。

加工アプリも世界水準

 CNC旋盤は、QUICK TURN PRIMOS100Sなど2台、複合加工機は1チャッキング全加工のINTEGREXi‐200、急遽展示したINTEGREXj‐200など3台、マシニングセンタは新世代世界標準機のVERTICAL CENTER SMART 430A LHなど2台、さらにCO2レーザ加工機SUPER TURBO‐X3015と同社製品の頭脳となるマザトロールの紹介やマザック製品を安心して長く使えるリビルト機のサポート体制もPRされた。
 西日本テクノロジーセンタのオープンは、1998年。26年を経過し、高度・高品位な加工アプリケーションが求められる時代になり、同社の世界統一基準のショールームに一新したもの。「工作機械の生産性向上のみならずお客様の工場経営全体をサポートする最新の施設。お客様の工場経営に側面から支援します」と山崎副社長は、西日本のテクノロジーセンタの運営に力を入れる。

日本産機新聞 平成26年(2014年)8月25日号

[ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト