2022年12月9日(金)

この人に聞く2015
サンドビック カンパニープレジデント 高屋 政一氏

販売店との関係深める

DSC01883_R

東日本の開拓を強化

研修センター開設も検討

―昨年を振り返るとどうですか。
 切削工具業界は非常に好調に推移し、大きく伸ばすことができた。当社も業界水準に近い伸びを達成しており、今年も昨年と同じように伸ばすことができると思う。
 重要産業を自動車、航空機とみて、もうひとつ加えるとしたら工作機械。昨年約1兆5千億円という受注額から製造が忙しくなるので、切削工具業界には良い話。今導入されている工具の消費量は増えてくるだろう。当社としては好調産業以外のシェアアップも大切。建機などいずれ動き出す業界に対して工具提案するには今がチャンスだと思っている。

―シェアアップなどを目指すためには。
 当社は流通に重点をおいたことで伸びてきた。今重要だと思っているのはサンドビック製品をたくさん売って頂いているプラチナ販売店を増やすこと。プラチナ販売店の多くは社長が熱を入れて売って頂いている印象で、これまで以上に販売店との距離を縮めていくことに専念する。

―新製品やサービスについて。
 3月1日にソリッドエンドミルの「コロミルプルーラHD」を発売した。鋼やステンレス荒加工用で、高い剛性で安定した加工ができ、重切削に最適だ。また、サービス面でも充実させている。昨年発表したツールライブラリー「Adveon(アドヴェオン)」、工具在庫を管理するツールロジスティクスなど様々なサービスを持っており、より付加価値の高い製品・サービスを今後も提供する。

―国内地域別の売上をみるとどうですか。
 西日本、東日本で分けると西日本の方が大きい。関西に本社を置いていたことも要因かもしれないが、東日本(東京周辺)の大きな市場をどう切り込んでいけるかが重要になる。今は構想段階にとどまっているが、日本にもう一つプロダクティビティセンターがあっても良いのではと思う。こうしたユーザー開拓には必要な部分を強化していきたい。

日本産機新聞 平成27年(2015年)3月15日号

[ インタビュー ][ メーカー ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト