2018年10月20日(土)

長谷川工業 完全国内生産のはしご
安全性追求「スカイラダー」

長谷川工業 スカイラダー
 長谷川工業(大阪市西区、06・6446・1845)は9月1日、完全国内自社生産の一連はしご「スカイラダー」を発売する。安全性を高めたほか、使いやすい構造や独自のデザインを採用するなど、高品質を追求した。同社によると「完全国内生産は業界でも初めて」という。

 縮長高さは88.2㎝とコンパクトサイズで、乗用車のトランクに収納でき、持ち運びしやすい。

 脚幅を56㎝と広くすることで、横倒れの防止につながるほか、支柱を四角形としたことで、はしごのねじれやロックピンの外れを抑えるなど安全性を高めた。

 人間工学に基づいた設計を採用し、昇降時に前傾になりやすく安心して使用できる。最上部とエンドキャップを同社のコーポレートカラーの赤色を採用し、一目で長谷川工業製と分かるようにした。

日本産機新聞 平成29年(2017年)8月25日号

[ 作業工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

トラスコ中山 最大の物流拠点<br>50万アイテムの「工具箱」

トラスコ中山 最大の物流拠点
50万アイテムの「工具箱」

プラネット埼玉本格稼働  トラスコ中山は10月1日、同社最大の物流拠点となる「プラネット埼玉」(埼玉県幸手市)を本格稼働させた。在庫を50万アイテム収容できるなど、日本最大の「工具箱」と位置づけ、さらなる物流機能の強化を […]

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

予防保全や復旧迅速に  IoT技術を活用したコンプレッサのサービスが本格化してきた。日立産機システムや、北越工業、コベルコ・コンプレッサらが相次いで、コンプレッサに通信機能を搭載し、遠隔で稼働状況などをリアルタイムで把握 […]

ニュース

日工会
18年工作機械受注額 1.85兆円に上方修正

 日本工作機械工業会(飯村幸生会長)は、2018年の工作機械受注額見通しを前年比12・4%増の1兆8500億円に上方修正した。達成すれば、1兆6455億円だった昨年に続き、2年連続で過去最高を記録する。内外需ともに投資意 […]

トピックス

関連サイト