2018年6月25日(月)

OMJCリレーインタビュー「トップセールスでどう結果を出す?」
コノエ 社長 河野 裕氏

前走者・昭和電機 柏木 健作氏からの質問
「トップセールスでどう結果を出す?」

コノエ 河野裕社長
 1981年生まれ、大阪市出身。2006年香川大学農学部生命機能科卒、コノエ入社。07年トラスコ中山に入社し10年再びコノエに。11年社長就任。趣味はドライブ、読書。好きな言葉「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」。尊敬する人は工具のネット販売を展開する大都の山田岳人社長。

トップしかできないことを

 会社の威信をかけた事業を成功させるため、社長自ら取引先に熱く語る。テレビドラマで時おりそういうシーンを見かけます。現実の企業活動でもそれに似た場面があると思うのですが、実は今までトップセールスをしたことがないんです。

 というより、やらないようにしてきました。当社は65年の歴史を持つネジの卸商社。能力が高く経験も豊富な販売のスペシャリストが揃っています。ですから「ネジを売る」ことは任せています。仕入れや店頭などでも手を出しません。

 そもそも社長の仕事は、社長という立場でしかできないことをすることではないでしょうか。会社の方針を決めて実行し、未来を切り拓いていく。事業の発展や夢の実現への道を探すことだと思うんです。

 その一つとして、社長に就任(2011年)し、レンチなど工具の販売に力を入れ始めました。今までも取り扱ってはいましたが事業の主力ではないため積極的に営業展開していなかった。改めて力を入れたのは、ネジ商社だからこそ独自の付加価値を生み出せるのでは、と思ったからです。

 ネジを締めるには必ず工具が要る。けれどお客様(工具販売店)は別々の商社から仕入れている。この窓口を一つに集約できたらとても便利です。当社はネジの知識を持っているから最適な工具の提案もできる。おかげ様で注文が少しずつ増えています。

  それと、社員の創造力や思考力を育むきっかけにしたいという思いもありました。当社はネジの卸販売で確固たるビジネスモデルを築いています。しかし安定し過ぎると人はときに新しいものを生もうとしなくなる。工具販売に挑戦することで考えたり工夫したりして欲しかったんです。

成果は社長交代の時

 その一方で、ネジの新たな市場を創りたいとも思っています。いま取り組んでいるのは「にじいろのねじ」というプロジェクト。これは子どもたちにネジの大切さや魅力を伝え、日本のものづくりに興味を持ってもらうのが目的です。ネジでストラップを工作するワークショップを開いたり、ネジをテーマにした絵本も発刊しました。この活動を通じて日本の将来を担う子どもたちがネジに興味を持ち、ネジ業界の活性化につながれば、と願っています。

 ただ、社長の仕事はこうした挑戦の果てに、良い経営状態で次代にバトンタッチすることです。もちろん力の限り精一杯取り組みますが、未来のことはわかりません。ですから、私の社長の仕事の結果が出るのは何十年も先です。



 ※OMJCリレーインタビューは前走者が次走者にインタビューのテーマを投げ掛け、バトンをつないでいきます。次回は、菊本機工の菊本直利氏。前走者・河野氏の質問は「人とのコミュニケーションで心掛けていることは?」。

日本産機新聞 平成29年(2017年)6月25日号

業界分析

新人営業に望むこと
不変の課題と変化への対応

 対話力やチャレンジ   IT使い、対応早く   基礎じっくり教える   機械工具のメーカーや商社、販売店に新卒の営業が配属されてもうすぐ3カ月。新人営業に経営者や営業の責任者は何を望んでいるのだろうか。身につけて欲しい […]

機械工具工業会 生産見通し5108億円<br>今年度 超硬・ダイヤが伸長

機械工具工業会 生産見通し5108億円
今年度 超硬・ダイヤが伸長

 日本機械工具工業会(牛島望会長・住友電気工業専務)=写真=は、今年度の機械工具生産額を前年度比5.9%増の5108億3200万円とし、5000億円を突破すると見通した。2017年度は、同8.9%増の4824億500万円 […]

フルードパワー工業会 21年に9000億円超<br>油・空圧機器出荷額

フルードパワー工業会 21年に9000億円超
油・空圧機器出荷額

 日本フルードパワー工業会(石川孝会長)はこのほど、2021年に油・空圧機器の出荷額が9308億円に達するという長期予測を発表した。建設機械や工作機械、ロボット向けなどを中心に油圧機器、空圧機器ともに高水準の需要が見込ま […]

トピックス

関連サイト