2020年8月11日(火)

OMJCリレーインタビュー ピカコーポレイション
(OMJC会計)坂口 泰生氏

Q.子供が生まれて変わったことは?

A.俯瞰して未来を考える

DSC07913_R

 昨年の5月に息子が生まれました。名前は「大知(やまと)」。一般的には「大」に「和」で「やまと」ですが、大きな目線で色々なものを見て、大きな世界を知り、感じ、自らの道を探して欲しいと願い、「大」と「知」の字を選びました。

 子供ができて変わったのは、10年後や20年後の会社の未来を考えるようになったことでしょうか。息子が将来、ピカコーポレイションへの入社を望んだときに、私を含め社員一同が自信を持って受け入れることができる企業体にしたい、と。

 そのためには未来へとつながる事業展開を常に模索し、実行に移す。名付けた通り自分で選んだ人生を歩んで欲しいとは思いますが、もし将来事業を継ぐ意思を抱いたのなら、その時安心して頑張れるフィールドを提供してあげることが私の使命だと考えています。
ピカコーポレイションは祖父が創業し、現社長である父が後を継ぎ、今に至ります。今後も発展し次代へとつなげなければならないという思いを日々感じています。

発展目指し、一歩ずつ

 もっとも、その未来は社員の皆さんの人生やお客様との取引に大きく関わってきます。現時点で、私は経営を引き継いだ訳ではありません。けれど、社員の皆さんやお客様がピカコーポレイションの未来に不安を抱くことのないよう自分なりの経営目線での判断を考えながら、仕事に励むよう心
掛けています。

 私は今、経営企画開発部の部長という立場で新商品の開発、仕入やプロモーションを手掛けています。これまでにも幾つかの新商品に携わり、国内、そして海外にも販路を広げることができるように取り組んできました。

 これからも経営企画開発部のメンバーと新たな商品をどんどん生み出していきます。会社経営に関してはまだまだですが、OMJCの先輩方からこれからも色々と教わりながら、良き経営者となれるよう励んでまいります。


プロフィール
 1980年生まれ、大阪府箕面市出身。中国の復旦大学を卒業し、2004年ピカコーポレイションに入社。13年経営企画開発部長、15年取締役。趣味はスイーツの食べ歩き、愛犬家。尊敬する人は陸奥宗光。好きな言葉は「愚公搬山」。


※OMJCリレーインタビューは前走者が次走者にインタビューのテーマを投げ掛け、バトンをつないでいきます。次回は薮内産業の薮内大祐氏。前走者・坂口氏の質問は「20年後に目指すビジョンは?」。

日本産機新聞 平成27年(2015年)7月15日号

ウェブ展示会を29日から –オークマ–

金型加工テーマに  オークマは、金型をテーマにしたWEB展示会「WEB OKUMA MACHINE FAIR 2020 ‐Die&Mold‐」を7月29日から同社ホームページ内に開設する。  金型加工の課題解決に […]

耐熱合金などの旋削・転削加工技術 –サンドビック–

耐熱合金などの旋削・転削加工技術 –サンドビック–

オンラインセミナー  サンドビックは6月17日、「耐熱合金・チタン合金加工オンラインセミナー2020」を開き、旋削加工や転削加工、ソリッド工具の適用ポイント、CAM提案のほか、同社が進めているデジタル技術の紹介を行った。 […]

昇降、開閉、リクライニング –THK –

介護ベッドなどに  THK(東京都港区、03-5730-3911)はこのほど、ロッド形アクチュエータ「CRES6000」(写真)の受注を開始した。推力6000Nを基本仕様とし、昇降、開閉、リクライニングなどの動きを実現。 […]

トピックス

関連サイト