2021年5月9日(日)

OMJCリレーインタビュー ピカコーポレイション
(OMJC会計)坂口 泰生氏

Q.子供が生まれて変わったことは?

A.俯瞰して未来を考える

DSC07913_R

 昨年の5月に息子が生まれました。名前は「大知(やまと)」。一般的には「大」に「和」で「やまと」ですが、大きな目線で色々なものを見て、大きな世界を知り、感じ、自らの道を探して欲しいと願い、「大」と「知」の字を選びました。

 子供ができて変わったのは、10年後や20年後の会社の未来を考えるようになったことでしょうか。息子が将来、ピカコーポレイションへの入社を望んだときに、私を含め社員一同が自信を持って受け入れることができる企業体にしたい、と。

 そのためには未来へとつながる事業展開を常に模索し、実行に移す。名付けた通り自分で選んだ人生を歩んで欲しいとは思いますが、もし将来事業を継ぐ意思を抱いたのなら、その時安心して頑張れるフィールドを提供してあげることが私の使命だと考えています。
ピカコーポレイションは祖父が創業し、現社長である父が後を継ぎ、今に至ります。今後も発展し次代へとつなげなければならないという思いを日々感じています。

発展目指し、一歩ずつ

 もっとも、その未来は社員の皆さんの人生やお客様との取引に大きく関わってきます。現時点で、私は経営を引き継いだ訳ではありません。けれど、社員の皆さんやお客様がピカコーポレイションの未来に不安を抱くことのないよう自分なりの経営目線での判断を考えながら、仕事に励むよう心
掛けています。

 私は今、経営企画開発部の部長という立場で新商品の開発、仕入やプロモーションを手掛けています。これまでにも幾つかの新商品に携わり、国内、そして海外にも販路を広げることができるように取り組んできました。

 これからも経営企画開発部のメンバーと新たな商品をどんどん生み出していきます。会社経営に関してはまだまだですが、OMJCの先輩方からこれからも色々と教わりながら、良き経営者となれるよう励んでまいります。


プロフィール
 1980年生まれ、大阪府箕面市出身。中国の復旦大学を卒業し、2004年ピカコーポレイションに入社。13年経営企画開発部長、15年取締役。趣味はスイーツの食べ歩き、愛犬家。尊敬する人は陸奥宗光。好きな言葉は「愚公搬山」。


※OMJCリレーインタビューは前走者が次走者にインタビューのテーマを投げ掛け、バトンをつないでいきます。次回は薮内産業の薮内大祐氏。前走者・坂口氏の質問は「20年後に目指すビジョンは?」。

日本産機新聞 平成27年(2015年)7月15日号

ショールームを拡張  −伊東電機 創業75周年−

ユーザー体験を強化  伊東電機(兵庫県加西市、0790-47-1216)は本社のイノベーションセンターの面積を拡張し、MDR式マテハンシステムを展示することで、物流の入庫、保管、仕分け、出荷といった一連の全体最適を提案す […]

愛知県フェンシング協会とコラボ  −ノダキ−

『フェンシングの相棒』  愛知県フェンシング協会は2021年6月12~13日にかけ、スカイホール豊田(愛知県豊田市)で国内フェンシングイベント最大規模の「2021 AICHI FENCING FESTIVAL」を開催する […]

ピンポイントも周囲も明るく −パナソニック−

2WAYの工事用充電LEDライト  パナソニック(大阪府門真市、06-6908-1131)はこのほど、事務所の天井裏や工場の天井部など暗い配線作業の現場で、狙ったポイントを明るく照らせる工事用充電LEDスポットワイドライ […]

トピックス

関連サイト