2018年10月20日(土)

ふぁいと!!〜機械工具業界で活躍する女性たち〜
ジーネット 樋川 佳名子さん
仕事を楽しみ輝くように

ふぁいと!!〜機械工具業界で活躍する女性たち〜No.20
ジーネット 樋川 佳名子さん

 1984年生まれ、大阪府堺市出身。2008年同志社大学神学部卒、ジーネット入社。岡山営業所で9年営業、17年神戸営業所長。趣味は温泉旅行。関西はもちろん、ときに地方の島の温泉に出かけることも。

  2017年4月、ジーネットで初の女性の営業所長に就任した。9年在籍した岡山営業所での営業実績に基づくものだが、女性の活躍を推進する経営方針の一環でもあった。

 「女性の総合職はここ数年増えてきた。けれど能力ややる気のある人には次のステップをイメージしにくい。その道を開けるかも。そう思って引き受けました」。

 赴任して1年半。最も心掛けてきたのが所員に仕事の楽しさを感じて貰うこと。岡山では知識を深めることやチームプレーで目標に挑むこと、日々の活動がものづくりに役立っていることに喜びを感じた。

 「仕事って感激したり面白いと感じたりする瞬間がありますよね。あの感覚を若い人たちにも体験させてあげたいんです」。

 ただ『面白さ』の押しつけはしない。「お客様と仲良くなる、新しいことを知れる。面白さの感性はそれぞれですから」。所員がのびのびと仕事を楽しみ、輝く。そうして所の目標を達成することが「私の仕事です」。

日本産機新聞 平成30年(2018年)10月5日号

[ ふぁいと!! ][ インタビュー ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

トラスコ中山 最大の物流拠点<br>50万アイテムの「工具箱」

トラスコ中山 最大の物流拠点
50万アイテムの「工具箱」

プラネット埼玉本格稼働  トラスコ中山は10月1日、同社最大の物流拠点となる「プラネット埼玉」(埼玉県幸手市)を本格稼働させた。在庫を50万アイテム収容できるなど、日本最大の「工具箱」と位置づけ、さらなる物流機能の強化を […]

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

予防保全や復旧迅速に  IoT技術を活用したコンプレッサのサービスが本格化してきた。日立産機システムや、北越工業、コベルコ・コンプレッサらが相次いで、コンプレッサに通信機能を搭載し、遠隔で稼働状況などをリアルタイムで把握 […]

ニュース

日工会
18年工作機械受注額 1.85兆円に上方修正

 日本工作機械工業会(飯村幸生会長)は、2018年の工作機械受注額見通しを前年比12・4%増の1兆8500億円に上方修正した。達成すれば、1兆6455億円だった昨年に続き、2年連続で過去最高を記録する。内外需ともに投資意 […]

トピックス

関連サイト