2019年1月18日(金)

不二越 新ブランドの超硬ドリル

寿命、従来の2倍以上

 不二越は、従来の2倍以上の長寿命化を可能にした新ブランドの汎用超硬ドリル「アクアREVOドリル」を発売した(写真)。素材、形状、皮膜の全てを一新し、高精度化、高速化も実現。初年度には年間売上高10億円を目指し、今後は他のラウンドツールなどでも「アクアREVO」シリーズとして広げていく考えだ。

 不二越は1999年に「アクアドリル」を発売し、2008年には「アクアドリルEX」を発表。その後、業界では先駆けとなるドリルの先端角を180度にした「アクアドリルEXフラット」を出すなどシリーズを拡充してきた。

 約10年ぶりとなる、新ブランド「アクアREVO」ドリルは、工具の三大要素とも言われる、素材、形状、コーティングを全面刷新した。素材では耐摩耗性と高い靭性を両立した専用の超硬母材を開発。約20億円を投資し、専用工場を建設するなど、内製化も図った。

 形状でも一般的に採用されている切れ刃のフック形状ではなく、直線切れ刃とした。これにより、切削時の応力を分散でき、切りくず形状が安定化し、高い生産性を可能にする。

 コーティングでは、耐酸化性と耐摩耗性に優れた2種類の被膜をナノレベルで積層する「REVO―Dコーティング」を開発。超平滑化処理も施し、スムーズな加工ができる。

 スタブとレギュラーの2タイプをラインナップし、ともにφ2~φ16㎜で全181寸法をそろえた。価格は従来のEXドリルより安く設定した。今後はエンドミルなどにも「アクアREVO」シリーズとして展開していく予定で、3年後には年間売上30億円を目指す。

日本産機新聞 平成30年(2018年)12月5日号

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

高まるクラスターの 重要性

高まるクラスターの 重要性

経済産業省 製造産業局 航空機武器宇宙産業課 航空機部品・素材産業室 斎藤 賢介室長に聞く  今後、民間航空機市場が年率約5%で拡大していくと見込まれ、世界的に成長産業として期待されている航空機産業。日本でも異分野から参 […]

航空機向け工具に力<br>ベッセル  第一営業部  青木智広副部長に聞く

航空機向け工具に力
ベッセル 第一営業部 青木智広副部長に聞く

握り易く、正確に穴あけ 潜在ニーズ探り需要開拓  ベッセルが航空機の機体や翼を加工する工具に力を入れている。一昨年に専用のエアー工具(写真)を開発し、今年は米国メーカーと提携しラインアップを増やした。成長市場として注目さ […]

HCIが泉大津市にロボットセンター開設

HCIが泉大津市にロボットセンター開設

協働ロボットなど展示 ユーザーの導入支援に  ケーブルやチューブの製造装置及びシステムインテグレータを手掛けるHCI(大阪府泉大津市、0725・20・6266)は12月3日、泉大津商工会議所内にHCI ROBOT CEN […]

トピックス

関連サイト