2018年11月17日(土)

気軽に集まれる場に
東京都機械工具商業協同組合 八鍬 範子さん

この人に聞く

 東京都機械工具商業協同組合(小池達夫理事長・平和テクニカ社長)は、今年6月に会員企業の社員同士が交流を図ることを目的とした親睦組織「ときメイト」を発足させた。「気軽に同じ業界で働く社員さんが集まれる場づくりをしたい」と話す、事務局を務める東機工の八鍬範子さんに取り組みや発足の経緯などを聞いた。

 2018年3月、東京都機械工具商業協同組合事務局入局。前職は化粧品OEMメーカーで設計事務や、海外サプライヤーとのコレポンなどをするかたわら、英会話講師も務めていた。愛知県立大学卒。

交流会「ときメイト」

 ーどういういきさつで発足したのでしょうか。
 今年3月に入局したばかりなので、私はいなかったのですが、小川修一前理事長(オーマット会長)の発案だったそうです。「同じ業界で働く社員同士が交流を図れる場を作りたい」という思いがあったと聞いています。もちろん、出会いの場であってもいいとも聞いています(笑)。

 ーなぜ「ときメイト」という名称にしたのですか。
 今年3月に発足準備委員会を設け、どういう形にしていくかを議論し、6月に参加者みんなで決めました。東機工に集まる仲間、ときめく仲間、時をともにする仲間など複数の意味を込めました。

 ーどういう組織運営になっているのでしょう。
 特別な取り決めはないのですが、「経営者は参加しないこと」が唯一でしょうか。経営者がいると若い社員さんは気を使うでしょう。また、発足メンバーはいますが、会長やリーダーを決める予定もありません。イベントごとにリーダー的な人はいてもいいと思いますが、義務になってしまうと気軽に集まろうという本来の趣旨とは異なってしまいます。だから、年に何回やるとも決めず「こんなことしたいね」という感じで集まれればいいですね。

 ーすでに大井競馬場で競馬観戦もしました。
 40人近く参加頂けました。これも発足メンバーで「何がしたいかな」って感じで、みんなで話し合って決めました。初めての人もいて結構楽しんで頂いたようです。

 ー今後の予定や目指す姿などはありますか。
 事務局には会議スペースもありますし、まずは皆さんが気軽に集まれる場にしていきたいですね。そこで自然にしたいことを話し合えて徐々に決めていければいいです。すでに「みんなが役立つ勉強会ができればいいね」なんて意見も出ています。

日本産機新聞 平成30年(2018年)11月5日号

[ インタビュー ][ トップインタビュー ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

THK IoTサービスを提供

THK IoTサービスを提供

 THK(東京都港区、03・5730・3911)はこのほど、直動案内機器やボールねじの予兆検知などにつなげる新サービス「OMNI edge(オムニエッジ)」の提供を開始すると発表した。THKに加え、通信サービス大手のNT […]

ニュース

生産額見通しを上方修正 機械工具工業会

前年度比8%増に  日本機械工具工業会(牛島望会長・住友電気工業専務取締役)はこのほど、2018年度の切削工具生産額の見通しが5108億3200万円から5210億3400万円(前年度比8%増)になるとの見通しを発表した。 […]

17年世界出荷台数 国際ロボット連盟<br>産業用ロボ過去最高

17年世界出荷台数 国際ロボット連盟
産業用ロボ過去最高

21年まで平均14%成長  国際ロボット連盟(津田純嗣会長・安川電機会長)は10月18日、2017年の産業用ロボットの出荷台数が前年比30%増の過去最高となる38万1000台だったと発表した。今後も堅調に拡大し、21年ま […]

トピックス

関連サイト