2018年10月20日(土)

日工会
18年工作機械受注額 1.85兆円に上方修正

 日本工作機械工業会(飯村幸生会長)は、2018年の工作機械受注額見通しを前年比12・4%増の1兆8500億円に上方修正した。達成すれば、1兆6455億円だった昨年に続き、2年連続で過去最高を記録する。内外需ともに投資意欲が旺盛で、年内は好調さが続くと予想した。

 年初の見通しは1兆7000億円だったが、1-8月の累計受注額が1兆2555億円と見通しを上回るペースで推移。また、今後も11月に東京ビッグサイトで開かれる工作機械見本市「JIMTOF2018」や各社のプライベートショーなどによる需要喚起も期待でき、好調さが継続すると予想し、上方修正に踏み切った。内訳は内需が78000億円、外需が1兆700億円。内需が7000億円台に達するのは、07年の7264億円以来、10年ぶり。過去4番目の高い水準となる。外需は昨年に続き2年連続で1兆円超となる。毎月の受注額が1486億円のペースを維持すれば到達する見通し。

 飯村会長は「米中貿易摩擦などのリスクはあるが、内外需ともに堅調に推移するとみている」とし、「ユーザー各社は今後に向けて、自動化や効率化など今は設備をしっかり固める時期という認識を持っている」と話した。

日本産機新聞 平成30年(2018年)10月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

トラスコ中山 最大の物流拠点<br>50万アイテムの「工具箱」

トラスコ中山 最大の物流拠点
50万アイテムの「工具箱」

プラネット埼玉本格稼働  トラスコ中山は10月1日、同社最大の物流拠点となる「プラネット埼玉」(埼玉県幸手市)を本格稼働させた。在庫を50万アイテム収容できるなど、日本最大の「工具箱」と位置づけ、さらなる物流機能の強化を […]

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

予防保全や復旧迅速に  IoT技術を活用したコンプレッサのサービスが本格化してきた。日立産機システムや、北越工業、コベルコ・コンプレッサらが相次いで、コンプレッサに通信機能を搭載し、遠隔で稼働状況などをリアルタイムで把握 […]

コノエ 「虹色のねじ」の動画制作

コノエ 「虹色のねじ」の動画制作

製造工程など紹介、今年中に公開予定  ねじ商社のコノエ(大阪府東大阪市、06・6746・1903)は、「虹色のねじプロジェクト」事業の一環として、ねじの製造工程などを紹介する動画を制作した(写真)と発表した。動画は虹色の […]

トピックス

関連サイト