2018年10月20日(土)

日研工作所 名古屋営業所を新築移転

サポート体制強化

 日研工作所(大阪府大東市、072・869・5810)は、名古屋営業所(名古屋市名東区)を新築・移転し(写真)、8月27日から業務を開始した。

 1968年に開設した名古屋営業所が老朽化と手狭になったことから、今年2月に着工、7月30日に完成した。

 敷地面積は従来の約2倍の1200㎡、建屋は950㎡、鉄骨2階建て。プレゼンルームを新たに設置し、ショールームや、修理等のためのサービスエリアを大幅に拡張した。在庫も豊富に揃えた。

 「機械や工具などを使用して加工するユーザー様や商社様のサポート役」(長濱明治社長)とし、迅速で充実したサービスを実現すべく、機能とスペースを充実させた。

新名古屋営業所の所在地は次の通り。
住所=名古屋市名東区よもぎ台3‐1608(〒465‐0091)
Tel=052・769・6140
Fax=052・769・6141
E-mail=nagoya@nikken‐kosakusho.co.jp

 名古屋インターに近く、交通の便も抜群。白を基調にした外観は、周辺の住宅街に溶け込むデザインとなっている。

日本産機新聞 平成30年(2018年)9月20日号

[ ニュース ][ 会社移転・新設 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

トラスコ中山 最大の物流拠点<br>50万アイテムの「工具箱」

トラスコ中山 最大の物流拠点
50万アイテムの「工具箱」

プラネット埼玉本格稼働  トラスコ中山は10月1日、同社最大の物流拠点となる「プラネット埼玉」(埼玉県幸手市)を本格稼働させた。在庫を50万アイテム収容できるなど、日本最大の「工具箱」と位置づけ、さらなる物流機能の強化を […]

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

予防保全や復旧迅速に  IoT技術を活用したコンプレッサのサービスが本格化してきた。日立産機システムや、北越工業、コベルコ・コンプレッサらが相次いで、コンプレッサに通信機能を搭載し、遠隔で稼働状況などをリアルタイムで把握 […]

ニュース

日工会
18年工作機械受注額 1.85兆円に上方修正

 日本工作機械工業会(飯村幸生会長)は、2018年の工作機械受注額見通しを前年比12・4%増の1兆8500億円に上方修正した。達成すれば、1兆6455億円だった昨年に続き、2年連続で過去最高を記録する。内外需ともに投資意 […]

トピックス

関連サイト