2018年12月16日(日)

Cominix 名古屋ロジが本格稼働
切削工具・機器3万点

中部地域に即日納品

  

Cominix(大阪市中央区、06・6765・8201)は、名古屋市昭和区に物流拠点「名古屋ロジスティクスセンター」を新設した(写真)。中部地域に物流拠点をつくるのは初めてで、この地域の工具販売店に商品を即日納品できる体制を構築する。7月2日、本格稼働した。

 中部地域の販売店への物流はこれまで北関東ロジスティクスセンター(群馬県)と大阪ロジスティクスセンター(大阪府)が担っていたがその在庫(切削工具や工作機器約2万5千点)と業務を移管。名古屋市のほぼ中央にある立地を生かし納品時間を短縮し販売店の商品引き取りにも対応する。

 名古屋ロジスティクスセンターは総敷地面積1024㎡、建物の延床面積777㎡。売れ筋商品をピッキングしやすい在庫棚の配置にするほか、新基幹システムを活用し集荷・出荷業務を効率化する。在庫の最大収容能力は約4万2千点で、年内にも在庫点数を3万点に増やす。集荷・出荷業務は委託する作業員を含め9人で運営する。

 同社は自動車や航空機産業が集積する中部地域での売上高を名古屋ロジ開設により今期中に1.2倍、数年後に1.5倍に伸ばす計画。柳川重昌社長は7月20日に開いた開所式で「中部は日本経済の約3分の1を占める巨大な経済圏。この地域の販売店の皆さまにより早く商品を届ける体制をつくり販売促進につなげたい」と語った。

日本産機新聞 平成30年(2018年)8月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

JIMTOF2018 〜総集編〜 広がるIoTの活用

JIMTOF2018 〜総集編〜 広がるIoTの活用

稼働監視し未然に保守 工具の欠損時期を予測  工作機械や周辺機器などでIoT(モノのインターネット)を活用する技術が進化している。保守や工具交換時期を検知したり、人工知能(AI)で最適な条件を導き出し加工したり。新たなア […]

不二越 新ブランドの超硬ドリル

不二越 新ブランドの超硬ドリル

寿命、従来の2倍以上  不二越は、従来の2倍以上の長寿命化を可能にした新ブランドの汎用超硬ドリル「アクアREVOドリル」を発売した(写真)。素材、形状、皮膜の全てを一新し、高精度化、高速化も実現。初年度には年間売上高10 […]

工場IoT化へ、共通基盤を構築 会員企業が200社超え

工場IoT化へ、共通基盤を構築 会員企業が200社超え

Edgecrossコンソーシアム  エッジコンピューティング用基本ソフト「Edgecross(エッジクロス)」の普及を目指すEdgecrossコンソーシアム(金井正一代表理事)はこのほど、会員企業が200社を超えたと発表 […]

トピックス

関連サイト