2018年10月20日(土)

OMJCリレーインタビュー「OMJCに入って良かったことは?」
丸信工業社 社長(理事) 出口 信太郎氏

前走者・九喜ポンプ工業 九喜 良孝氏からの質問
「OMJCに入って良かったことは?」

1982年生まれ、大阪市出身。2006年摂南大学法学部卒、丸信工業社に入社。13年社長に就任。趣味はカメラ、スキー、キャンプと多彩。好きな言葉は「死ぬこと以外かすり傷」。尊敬する人は会長で父の出口謙司氏。

  OMJCは総会や研修会などの事業活動とは別に、プライベートでメンバーが集まり食事をしたり遊んだりすることがけっこうあるんです。そういう時の何気ない雑談で、経営における自分には無い考え方や価値観に出会うことがある。それが私にとってOMJCの魅力だと感じています。

 今でも覚えている言葉があります。それは「先代と現役社長の意見が対立するのは経営上、良くない」。会社は社員が同じベクトルに向くことで力を発揮する。けれど二頭政治では混乱します。先代が実質の経営者ならばその意見に従うべきだし、世代交代するなら次代に譲るべき。聞いた時、まさにその通りだと思いました。

 そういう経営における自分に無い考え方に出会うことは家族や友達との会話からはそうありません。でもOMJCには業態も生い立ちも考え方も年齢も異なる販売店や商社、メーカーの経営者や幹部の人達が集まっていて。ふとした時に出た言葉に気づかされることがあるんです。

 私はどちらかというと頑固な性格。岐路に立つとそれに関する情報を集め、考え、どちらに進むかを決断する。考えるのも決めるのも一人。悩み事を人に相談することはありません。そんな性格の根本は変わっていませんが、様々な考え方を知ることは経営者としてとても大切だと思います。

 その原体験は大学時代のボランティア。ある時、子供たちをキャンプに連れて行ったのですが、引率者の考え方がバラバラなんです。その中には180度違う意見もあって、同じ方向へとなかなか進まない。

 そこで私は聞き役に回ったんです。自分にも考えがありましたが主張せず、ほかの引率者の意見を聞いた。その意見をまとめて、トップが打ち出した方向へと導くように進めていった。するとことがうまく進みキャンプは成功したんです。

 それからです、人の意見も聞こうという姿勢になったのは。ただ、本質的に頑固な面は変わっていません。ですから素直さがもっと必要です。人の意見を素直に聞き、良いところを吸収し、成長できるようになりたいですね。
 
 


 ※OMJCリレーインタビューは前走者が次走者にインタビューのテーマを投げ掛け、バトンをつないでいきます。次回は中恒の秋善康常務。秋氏への質問は「独自のセールス方法は?」

日本産機新聞 平成30年(2018年)8月5日号

トラスコ中山 最大の物流拠点<br>50万アイテムの「工具箱」

トラスコ中山 最大の物流拠点
50万アイテムの「工具箱」

プラネット埼玉本格稼働  トラスコ中山は10月1日、同社最大の物流拠点となる「プラネット埼玉」(埼玉県幸手市)を本格稼働させた。在庫を50万アイテム収容できるなど、日本最大の「工具箱」と位置づけ、さらなる物流機能の強化を […]

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

予防保全や復旧迅速に  IoT技術を活用したコンプレッサのサービスが本格化してきた。日立産機システムや、北越工業、コベルコ・コンプレッサらが相次いで、コンプレッサに通信機能を搭載し、遠隔で稼働状況などをリアルタイムで把握 […]

ニュース

日工会
18年工作機械受注額 1.85兆円に上方修正

 日本工作機械工業会(飯村幸生会長)は、2018年の工作機械受注額見通しを前年比12・4%増の1兆8500億円に上方修正した。達成すれば、1兆6455億円だった昨年に続き、2年連続で過去最高を記録する。内外需ともに投資意 […]

トピックス

関連サイト