2018年10月20日(土)

ふぁいと!!〜機械工具業界で活躍する女性たち〜
三和製作所 東 智子さん
課題解決する商品開発

ふぁいと!!〜機械工具業界で活躍する女性たち〜No.17
三和製作所 東 智子さん

大阪府出身。2003年大阪情報コンピュータ専門学校卒。コーヒー焙煎器販売や大阪入国管理局を経て、12年三和製作所。18年2月営業課長。地元岸和田のだんじり祭をこよなく愛する。
 北海道から九州まで全国各地を飛び回り、工具商やユーザーを訪問する。この仕事の面白さは「年齢も職種も違う様々な人の価値観や考え方に出会えること」。

 それを教えてくれたのは千地克典社長。顧客の要望やトラブルに対応できない時、解決の方法や心構えをそっと教えてくれる。

 「その後は自分なりに、お客様と向き合い解決へと邁進する。そのプロセスで今まで知らなかった考え方に出会えることを知ったんです」。

 入社当時、切削加工の知識は無かった。しかし専門書を読み、ポリテクセンターで旋盤加工も体験。独学で知見を広げ、今はヘルメット姿で工場を訪ねセールスエンジニアとして活躍する。

 ただ、今よりさらに高めたいと思っているのが、ユーザーニーズを商品開発へとつなげる力だ。「ハイスチップやPCDドリルのようにニーズを製造部にフィードバックして新たな工具を生み出す。そうすることでお客様が抱える技術課題を解決していきたい」。

日本産機新聞 平成30年(2018年)8月5日号

[ ふぁいと!! ][ インタビュー ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

トラスコ中山 最大の物流拠点<br>50万アイテムの「工具箱」

トラスコ中山 最大の物流拠点
50万アイテムの「工具箱」

プラネット埼玉本格稼働  トラスコ中山は10月1日、同社最大の物流拠点となる「プラネット埼玉」(埼玉県幸手市)を本格稼働させた。在庫を50万アイテム収容できるなど、日本最大の「工具箱」と位置づけ、さらなる物流機能の強化を […]

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

予防保全や復旧迅速に  IoT技術を活用したコンプレッサのサービスが本格化してきた。日立産機システムや、北越工業、コベルコ・コンプレッサらが相次いで、コンプレッサに通信機能を搭載し、遠隔で稼働状況などをリアルタイムで把握 […]

ニュース

日工会
18年工作機械受注額 1.85兆円に上方修正

 日本工作機械工業会(飯村幸生会長)は、2018年の工作機械受注額見通しを前年比12・4%増の1兆8500億円に上方修正した。達成すれば、1兆6455億円だった昨年に続き、2年連続で過去最高を記録する。内外需ともに投資意 […]

トピックス

関連サイト