2018年10月20日(土)

ユアサ商事 情報交換会
関西GFの目標255億円

田村博之社長

 ユアサ商事は6月11日、リーガロイヤルホテル大阪(大阪市北区)で関西ユアサやまずみ会・炭協会の情報交換会を開いた。同社の今期の売上高目標は4800億円、営業利益127億円と増収増益を見込んでおり、好調が続く工作機械需要に加え、ロボットなどエンジニアリング強化、新ECサイトの立ち上げ、物流事業部の新設などを図るほか、経営基盤の強化として、経営層の人材育成、女性活躍検討プロジェクト、語学力の底上げ、IT活用による働き方の効率化などを行う。また、農業や介護・医療分野など新市場の発掘・育成も視野に入れる。田村博之社長は「今年の関西グランドフェアでは農業をテーマに、どのようにビジネスを展開させるかのセミナーを開くので聞いて頂ければと思う」と話す。関西グランドフェアは9月21・22日にインテックス大阪で開かれ、受注目標255億円、来場者数1万3800人を見込んでいる。

 同会では販売先や仕入先など約420人が出席した。やまずみ会の野々内達雄氏は「ユアサ商事は伝統と革新の企業風土。伝統を守りながら時代に合った改革を行っている」と話し、炭協会の舩田聡氏は「AIやIoTなど変化を先取り、新しいことへの挑戦が大切。商売は人。イノベーターの育成が必要だ」と将来に目を向けた取り組みの重要性を語った。

日本産機新聞 平成30年(2018年)7月20日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

トラスコ中山 最大の物流拠点<br>50万アイテムの「工具箱」

トラスコ中山 最大の物流拠点
50万アイテムの「工具箱」

プラネット埼玉本格稼働  トラスコ中山は10月1日、同社最大の物流拠点となる「プラネット埼玉」(埼玉県幸手市)を本格稼働させた。在庫を50万アイテム収容できるなど、日本最大の「工具箱」と位置づけ、さらなる物流機能の強化を […]

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

予防保全や復旧迅速に  IoT技術を活用したコンプレッサのサービスが本格化してきた。日立産機システムや、北越工業、コベルコ・コンプレッサらが相次いで、コンプレッサに通信機能を搭載し、遠隔で稼働状況などをリアルタイムで把握 […]

ニュース

日工会
18年工作機械受注額 1.85兆円に上方修正

 日本工作機械工業会(飯村幸生会長)は、2018年の工作機械受注額見通しを前年比12・4%増の1兆8500億円に上方修正した。達成すれば、1兆6455億円だった昨年に続き、2年連続で過去最高を記録する。内外需ともに投資意 […]

トピックス

関連サイト