2018年10月20日(土)

SIer団体が発足 ロボの活用を促進

 ロボットや自動化のシステムを構築するシステムインテグレータ(SIer)の団体「FA・ロボットシステムインテグレータ協会」が7月13日、正式に発足した。会長には静岡県の三明機工の久保田和雄社長が就き、SIer会員123社、電機メーカーなど協力会員21社の計144社でスタートした。協会内に設置する分科会活動を通じ、全国的なネットワークの構築やSIerの経営基盤の強化、専門性の高度化などを図り、ロボットの利活用や市場拡大につなげる。

機械工具商社も参加

ロボット産業を盛り上げたいという新会長に就いた久保田氏

 日本ロボット工業会(橋本康彦会長・川崎重工業常務執行役員)によると、2018年の受注額は前年比16.4%増の1兆1000億円を見込むなど、右肩上がりでの成長が続いている。一方で、システムを構築するSIerの不足がロボット拡大の課題ともいわれてきた。政府はSI人材を20年に16年に比べ、約2倍となる3万人に増やす目標を掲げており、18年には2万6000人まで増加している。

 こうした状況を受け、日本ロボット工業会などが昨年11月からSIerを中心とした団体設立に向け、準備を進めていた。

 設立した「FA・ロボットシステムインテグレータ協会」は日本ロボット工業会の内部に置くが、予算の独立性と一定の裁量を確保した。会長には三明機工(静岡市清水区)の久保田和雄社長が就任し、副会長にはバイナス(愛知県稲沢市)の渡辺亙社長が就いた。

 会員企業はSIer会員123社、電機メーカーなどの協力会員21社の144社でスタートするが「年内に200社を超えるのではないか」(久保田会長)というほどで、継続して参加企業を募っている。機械工具業界からも、SIer会員として山善やダイドーなどが参加。協力会員はSI事業に協力する企業で構成するため、機械工具業界からも参画できる。

 協会の中心となるのが、分科会活動だ。企画・運営、広報、経営基盤強化、地域連携、技術調査・標準化、人事育成、IoT・AIなど7つの分科会を設置。これらの分科会の活動を通じ、SIerを中心としたFA・ロボット業界のネットワークの構築、SIerの事業基盤の強化、システムインテグレーションに対する専門性の高度化につなげる。また、今年度中に中長期ビジョンも策定する予定で、業界団体としての方向性を示す。

 久保田会長は「少子高齢化が進む中、自動化やロボットの活用は喫緊の課題。こうした課題を解決し、ものづくりの競争力を維持するには、SIerが一致団結することが必要だ。競争はするが、協調できるところは協調し、ものづくりに加え、食品やサービスなどにも広げ、日本のロボット産業を盛り上げたい」としている。

日本産機新聞 平成30年(2018年)7月20日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

トラスコ中山 最大の物流拠点<br>50万アイテムの「工具箱」

トラスコ中山 最大の物流拠点
50万アイテムの「工具箱」

プラネット埼玉本格稼働  トラスコ中山は10月1日、同社最大の物流拠点となる「プラネット埼玉」(埼玉県幸手市)を本格稼働させた。在庫を50万アイテム収容できるなど、日本最大の「工具箱」と位置づけ、さらなる物流機能の強化を […]

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

圧縮機、IoT化加速 稼働状況など監視

予防保全や復旧迅速に  IoT技術を活用したコンプレッサのサービスが本格化してきた。日立産機システムや、北越工業、コベルコ・コンプレッサらが相次いで、コンプレッサに通信機能を搭載し、遠隔で稼働状況などをリアルタイムで把握 […]

ニュース

日工会
18年工作機械受注額 1.85兆円に上方修正

 日本工作機械工業会(飯村幸生会長)は、2018年の工作機械受注額見通しを前年比12・4%増の1兆8500億円に上方修正した。達成すれば、1兆6455億円だった昨年に続き、2年連続で過去最高を記録する。内外需ともに投資意 […]

トピックス

関連サイト