2018年7月20日(金)

機械工具工業会 生産見通し5108億円
今年度 超硬・ダイヤが伸長

牛島望会長 日本機械工具工業会(牛島望会長・住友電気工業専務)=写真=は、今年度の機械工具生産額を前年度比5.9%増の5108億3200万円とし、5000億円を突破すると見通した。2017年度は、同8.9%増の4824億500万円だった。6月6日の定時総会で発表した。

 今年度は、上期2521億2300万円(前年同期比7.3%増)、下期は2587億1000万円(同4.5%増)、また品目別年間では超硬工具が6.3%増、ダイヤモンド・CBN工具が9.8%増と伸長し、特殊鋼工具は3.5%増・耐磨工具は1.8%増、鉱山土木工具は0.6%増と微増と見る。

 牛島会長は「2050年ころには自動車は動く蓄電池になるかもしれない。工作機械や切削工具もセンサが付いて、使用状況によってお客様から代金を頂くことになるかもしれない。しかし、今後10年くらいは内燃機関も無くならないだろうから、従来の延長線上での工具開発と、将来を見据えたセンサ等の開発にも注力してほしい」とあいさつした。

 総会では、JIS規格見直しやISO13399への継続参加、世界切削工具会議に向けた準備など各委員会の活動が報告された。また、業界発展に貢献した倉持建氏(元高周波精密)と森良克氏(住友電気工業)が生悦住賞を受賞したほか、5人が新庄(陰徳の士)賞を受賞し、牛島会長から賞状と記念品が贈られた。

日本産機新聞 平成30年(2018年)6月20日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【自動車産業特集】<br>丸順  齊藤 浩 社長に聞く 超ハイテンに力

【自動車産業特集】
丸順 齊藤 浩 社長に聞く 超ハイテンに力

冷間プレス技術活かし  岐阜県に本社を構える自動車部品メーカーの丸順は祖業のプレス金型技術を活かし、スーパーハイテン材(超高張力鋼板)を冷間プレス成形できる加工技術などが強みだ。最近では、ホンダの大ヒット軽自動車「N―B […]

産・官・学「自動車新時代戦略会議」<br>電動化時代の競争力強化 エンジン・電動を両輪に

産・官・学「自動車新時代戦略会議」
電動化時代の競争力強化 エンジン・電動を両輪に

 自動車産業は、ツナガル・自動化・利活用・電動化(いわゆるCASE)といった大きな環境変化の中で、産業構造が大きく変わる気配を見せ、日本の自動車メーカーや部品メーカーは、その潮流をしっかりと捉え、現状の課題クリアと将来を […]

落合 千葉に営業所開設

落合 千葉に営業所開設

 落合(東京都台東区、03・3843・7251)はこのほど、千葉県習志野市に東関東営業所を開設した(写真)。加藤真一氏が所長を務め、7人体制でスタートする。「千葉県全域と茨城県の一部地域の業務拡大とサービス向上目指す」( […]

トピックス

関連サイト