2018年6月25日(月)

東日製作所 トルクレンチ刷新
全自動と半自動タイプ

東日製作所 トルクレンチ
 東日製作所(東京都大田区、03・3762・2452)はこのほど、半自動と全自動のトルクレンチ4シリーズ(26製品)をモデルチェンジした(写真)。「防振ソケット」に対応したほか、トルクセンサーを内蔵するなど、作業性を向上させた。

 刷新した半自動エアトルクレンチ「AC3(高仮締めタイプ)/A3(低仮締めタイプ)シリーズ」は、仮締めをインパクトレンチ、本締めをトルクレンチで行う際に1つの工具で済み、工具を持ち変える必要もなく作業効率が良くなるなどの特長を持つ。今回のモデルチェンジで防振ソケットを使用可能にし、ソケットの振れが少なく、振動騒音も抑えられるようにした。

 半自動電動エアトルク「DAC3シリーズ」は、仮締めはブラシレス電動モータで行う。こちらも防振ソケットに対応したほか、モータへの電源供給コードの取り出し方向を横と上の2タイプを揃え、作業性と耐久性を向上させた。

 全自動電動式トルクレンチ「DAP2-Rシリーズ」はトルクセンサーを内蔵し、電動モータの回転速度を可変にした。

 設定トルクに達すると自動停止して締付けトルクを表示し、弱反転してソケットの食いつきも防止する。また、締付けトルクデータのメモリや出力も可能にした。

日本産機新聞 平成30年(2018年)6月5日号

[ 作業工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

業界分析

新人営業に望むこと
不変の課題と変化への対応

 対話力やチャレンジ   IT使い、対応早く   基礎じっくり教える   機械工具のメーカーや商社、販売店に新卒の営業が配属されてもうすぐ3カ月。新人営業に経営者や営業の責任者は何を望んでいるのだろうか。身につけて欲しい […]

機械工具工業会 生産見通し5108億円<br>今年度 超硬・ダイヤが伸長

機械工具工業会 生産見通し5108億円
今年度 超硬・ダイヤが伸長

 日本機械工具工業会(牛島望会長・住友電気工業専務)=写真=は、今年度の機械工具生産額を前年度比5.9%増の5108億3200万円とし、5000億円を突破すると見通した。2017年度は、同8.9%増の4824億500万円 […]

フルードパワー工業会 21年に9000億円超<br>油・空圧機器出荷額

フルードパワー工業会 21年に9000億円超
油・空圧機器出荷額

 日本フルードパワー工業会(石川孝会長)はこのほど、2021年に油・空圧機器の出荷額が9308億円に達するという長期予測を発表した。建設機械や工作機械、ロボット向けなどを中心に油圧機器、空圧機器ともに高水準の需要が見込ま […]

トピックス

関連サイト