2018年12月16日(日)

ヤマザキマザック いなべ製作所が本格稼働
大型機組立を集約・増強

 ヤマザキマザック(愛知県大口町、0587・95・1131)の国内6番目となる「いなべ製作所」(三重県いなべ市)が本格稼働を開始した。大型工作機械の組み立て工場で、精工製作所(三重県桑名市)及び美濃加茂製作所(岐阜県美濃加茂市)から移管。今回の稼働により月産能力約100台、国内生産能力が金額ベースで2割向上する。

いなべ製作所が本格稼働
いなべ製作所が本格稼働

 「いなべ製作所」は、2019年100周年記念事業の一環として2016年に着工したが、航空機産業や建設機械、エネルギー産業、半導体産業などにおいて大型工作機械のニーズが増加し、旺盛な需要に応えるべく、第1期工事を当初計画よりも増強して約160億円を投じて組立スペースの確保を優先した。

 大型5面加工機(FJVシリーズやVERSATECHなど)や5軸加工機(VARIAXISやVHP、UD400など)、立形マシニングセンタ(MAZATECH VシリーズやVTCなど)の組み立てを効率的に精度よく行うために、天井高さ19m、天井クレーンの揚程も13mを確保し、1mの鉄筋コンクリート基礎を施工した。無窓・恒温工場とし、工場フロアから10mまでの高さを±1℃に温度コントロールしている。

フル生産で需要に対応する
フル生産で需要に対応する

 さらに、精工製作所とネットワーク接続し、稼働状況の表示やデータ収集を行いつつ、進捗を同期させることで効率生産を実現する。

 大型工作機械の展示とデモンストレーション及びテストカットエリアを設置。顧客の立ち合いを行うターンキーエリアも設けた。

 松田毅執行役員いなべ製作所長は「いなべ製作所の稼働により旺盛な需要に少しでも早くお応えしたい。天井の高さを確保することで、従来できなかった大型機の生産も可能になる」と大型機の需要増に柔軟に対応していく考えだ。

日本産機新聞 平成30年(2018年)6月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

JIMTOF2018 〜総集編〜 広がるIoTの活用

JIMTOF2018 〜総集編〜 広がるIoTの活用

稼働監視し未然に保守 工具の欠損時期を予測  工作機械や周辺機器などでIoT(モノのインターネット)を活用する技術が進化している。保守や工具交換時期を検知したり、人工知能(AI)で最適な条件を導き出し加工したり。新たなア […]

不二越 新ブランドの超硬ドリル

不二越 新ブランドの超硬ドリル

寿命、従来の2倍以上  不二越は、従来の2倍以上の長寿命化を可能にした新ブランドの汎用超硬ドリル「アクアREVOドリル」を発売した(写真)。素材、形状、皮膜の全てを一新し、高精度化、高速化も実現。初年度には年間売上高10 […]

工場IoT化へ、共通基盤を構築 会員企業が200社超え

工場IoT化へ、共通基盤を構築 会員企業が200社超え

Edgecrossコンソーシアム  エッジコンピューティング用基本ソフト「Edgecross(エッジクロス)」の普及を目指すEdgecrossコンソーシアム(金井正一代表理事)はこのほど、会員企業が200社を超えたと発表 […]

トピックス

関連サイト