2018年1月21日(日)

京二 2018年9月期の重点施策
「ロボ拡販」など3項目

京二会

 京二(東京都新宿区、03・6457・5460)は昨年12月1日、仕入れ先などを集めた京二会で、2018年9月期に取り組む重点施策を明らかにした。「ロボット・自動化機器の拡販」など3項目に取り組み、売上高49億円を目指す。

 17年9月期決算の売上高が前年比2.7%増の47億5300万円だったと発表。産業機械や医療、半導体関連分野での受注が増加。切削工具や工作機械、ロボットなどが伸びた。

 営業利益は同32.3%増の1億3500万円、経常利益は同16.3%増の1億6700万円。中国製輸入製品の売上が増加したことや、工事を含む大型案件を受注したことが影響し、大幅な増益となった。

 18年9月期は、重点施策として、「ロボット・自動化機器の拡販」「中国製品の拡販」「対応エリアの拡大」の3項目に取り組む。 1つ目の「ロボット・自動化機器の拡販」では、昨年設立したロボット推進室を中心に「ロボットに強い商社」を目指す。前期もロボット、マテハンなどの売上高は1.5倍まで伸長。今期は、展示会に出展し、PRを進めるほか、周辺機器メーカーとの協業も目指す。2つ目の「中国製品の拡販」では、大手企業への採用拡大や、展示会などを活用し、さらなる売上増を目指す。3つ目の「対応エリアの拡大」では、18年1月に顧客の生産移転に伴い、関西サテライトを開設する。また、新規顧客の獲得も狙う。

 売上高は同2.8%増の48億8600万円を計画する。井口宗久社長は、「足元の状況をみると、しばらくは好況が続く見通しだが、そこだけみていては市場の変化に対応できない」とし、「従業員一丸となって新しい取り組みを進めていきたい」と話した。

日本産機新聞 平成30年(2018年)1月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

林社長と和久田社長

【座談会】販売店4社が語る2018 テーマ「未来を拓く戦略」
第1部 -各社の課題と取り組み2-

前回【【座談会】販売店4社が語る2018 テーマ「未来を拓く戦略」第1部 -各社の課題と取り組み-】 いろいろな会社を持つと組織力というか統率力が問われると思うのですが。  和久田  元プロ野球選手と話をしたときに興味深 […]

1-1

得意淡然・不易流行
AI、IoTの活用時代来る

和顔愛語 (わげんあいご・わがんあいご)  温和な顔つきと、穏やかで思いやりのある話し振りを指す語。  揮毫は小池達夫氏  (東京都機械工具商業協同組合理事長、平和テクニカ社長)  欧米をはじめとする先進各国の経済は、堅 […]

座談会の様子

【座談会】販売店4社が語る2018 テーマ「未来を拓く戦略」
第1部 -各社の課題と取り組み-

求めるのは適応能力とハングリー精神  製造業の海外展開やネット商社の台頭など機械工具業界を取り巻く環境は変化し続けている。それに対応するため、機械工具販売店も変化を始めている。こうした背景により本紙では2016年から機械 […]

トピックス

関連サイト