2017年12月11日(月)

測定計測展
出展71社 最新の測定技術が一堂

logo_2017

東京ビッグサイト 9月13〜15日開催

 最新の計測技術が一堂に介する「測定計測展2017」が9月13日から15日までの3日間、東京ビッグサイト(東京都台東区)で開催される。主催は日本光学測定機工業会と日本精密測定機器工業会。今回は、71社・団体が132小間に出展する。シンポジウムやセミナーなどの併催企画や関連展示会なども同時開催される。

2015年の様子
2015年の様子

 「測定計測展」は、2年に1回、計測業界の最新製品、技術、情報が集まる国内唯一の専門展。今回は、「進化するものづくりへ“品質”にこだわる計測技術が集結」を副題に、ノギスやゲージ、三次元測定機のほか、光学・レーザー測定機など幅広い測定機器メーカーが出展する。

 併催企画も充実している。基調講演では、経済産業省の片岡隆一氏が「“コネクテッドインダストリーズ”の実現に向けた今後の取組について」を講演。そのほか、日本精密測定機器工業会が主催する無料セミナーでは、三次元測定機のトレンドやダイヤルゲージの最新技術などを紹介する。また、会期中は技術相談コーナーを設け、専門技術員が計測に関する様々な相談を受け付ける。

 また、「フルードパワー見本市」、「センサエキスポ」など5展が同時開催される。合同企画として、「自動車技術ゾーン」と「ロボット技術ゾーン」を設置。関連技術や製品をパネル展示するほか、セミナーも開く。お問合せは、「測定計測展」事務局(03・3273・6180)まで。

日本産機新聞 平成29年(2017年)9月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

工作機械 需要拡大局面、続く<br>メーカー相次ぐ上方修正

工作機械 需要拡大局面、続く
メーカー相次ぐ上方修正

国内外の両輪けん引 IoT、自動化技術の革新カギ  製造業の旺盛な設備投資を背景に工作機械の需要拡大が続いている。海外、そして国内の自動車や半導体向けがけん引し、2017年の受注総額は過去最高に迫る勢いだ。想定を上回る市 […]

川崎重工業とABBが協働ロボ分野で協業<br>使いやすい環境を整備

川崎重工業とABBが協働ロボ分野で協業
使いやすい環境を整備

 川崎重工業とスイスのABBは協働ロボットの分野で協業する。操作面の共通化を図るなど、ユーザーがロボットをより使いやすい環境を整え、中小のユーザー開拓につなげる。  インターフェイスの標準化など操作面の共通化に加え、安全 […]

【治工具特集】ロボによる自動化進歩 IoTも視野に

【治工具特集】ロボによる自動化進歩 IoTも視野に

高精度加工・工程短縮には不可欠  工作機械で高精度に加工するには機械や刃物のみならず、治工具を活用する必要がある。旋削加工、マシンング加工、研削加工など、高精度な機械や刃物を使用しても、肝心のワークがブレたり、ズレたりす […]

トピックス

関連サイト