2017年7月28日(金)

広い視野を確保、細いパイプ向けスコープ
レッキス工業

GLS1616S
GLS1616S

 レッキス工業(大阪府東大阪市、072・947・2385)は2016年に発売した管内検査カメラ「GLS1616S」が展示会などで好評を博し、継続して販売に注力する。

 同製品はユーザーのより細いパイプの中を見たいというニーズに応え、「GLS3030」の姉妹機として開発。カメラヘッドをφ16と細くしながらも120度の広角レンズを採用することで広い視野を確保した(ケーブル長さは16m)。直管ではφ20~80に対応し、オプション品であるスキッド21を使えば、管の状況によりVP30の90度エルボ1カ所の通過も可能だ。モニタ部はGLS3030と兼用で、録画機能やケーブル振り出し長さ表示もする。 

 また、同製品をケーブルセットφ30に交換すればGLS3030として使用でき、逆にGLS3030にケーブルセットφ16を使用すればGLS1616Sとして使えるなど互換性も抜群。主な仕様はヘッド/適応管径:φ16/φ20~80、カメラ部:IP68水深10m防水でC-MOS30万画素、モニタ:5.7型TFT液晶カラーモニタ。寸法:350×438×153㎜、重量:4.8㎏。標準価格は60万円(税別)となっている。

日本産機新聞 平成29年(2017年)6月25日号

[ 日本産機新聞 ][ 管工機材・電気制御機器 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

オーエスジー 衛星事業の出資に参加<br>20年に量産化目指す

オーエスジー 衛星事業の出資に参加
20年に量産化目指す

 オーエスジー(石川則男社長)は、宇宙ゴミ(スペースデブリ)除去サービスの開発に取り組むアストロスケール社(岡田光信CEO、本社・シンガポール)にANAホールディングスなどと共に総額2千5百万ドル(約28億円)にのぼる出 […]

【事業方針】三菱日立ツール<br>東南アジア、韓国、台湾で拡販

【事業方針】三菱日立ツール
東南アジア、韓国、台湾で拡販

2工場の設備拡充  三菱日立ツールは6月14日から3日間、東京、名古屋、大阪で国内の有力代理店・販売店を集め、営業概況や新商品紹介などを発表する「三菱日立ツール報告会」を開いた。この春に策定した新ブランドを紹介したほか、 […]

【事業方針】三共精機<br>グループ戦略で迅速に対応 海外展開も

【事業方針】三共精機
グループ戦略で迅速に対応 海外展開も

 三共精機(京都市南区、075・681・5711)は6月2日、フォーチュンガーデン京都(京都市中京区)で主な仕入先など30社を集め、大手ユーザーを中心とする営業体制のグループ化など組織体制の変更やシステム事業、海外展開な […]

トピックス

関連サイト