2017年6月23日(金)

日本工作機械工業会 飯村氏(東芝機械会長)が会長に
「将来へ盤石な礎を」

日工会 飯村会長
新会長に就任した東芝機械会長 飯村 幸生氏

 日本工作機械工業会は5月31日、ニューオータニ(東京都千代田区)で開かれた記者会見で、花木義麿会長が任期満了で退任し、東芝機械の飯村幸生会長が新会長に就任したと発表した。

 飯村新会長は「先人たちが築き上げてきた長い歴史を引き継ぎ、日本の工作機械のさらなる飛躍を期して、将来に向けて盤石な礎を築くことが私の役目」と決意を述べた。

 同日開かれた総会では、工作機械の定義に3次元積層造形機を含めるという定款に変更するなど、「技術革新、市場の拡大、需要構造の変化などに柔軟かつ品やかに対応し、工作機械業界の一層の発展を図っていきたい」と話した。

 花木前会長は「就任前は市場調査委員長を務め、サービス講習会の立ち上げるなど、新風を吹き込んだ。業界を力強くけん引してほしい」とエールを送った。

日本産機新聞 平成29年(2017年)6月15日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

長谷川工業の脚立「ルカーノ」

【特集】デザインで切り拓く 機械・工具・機器 メーカー
新市場を開拓 女性のニーズ

 工作機械や工具、機器メーカーが商品デザインに力を入れている。見た目をスタイリッシュに、使いやすい形状や素材に―。その目的は、新たな市場の開拓やブランドイメージの向上。デザイン戦略で新たな活路を開いている。  リターンキ […]

余裕生む経営を<br>岡本機工 岡本 篤史 社長

余裕生む経営を
岡本機工 岡本 篤史 社長

新社長に聞く2017  伝導機器商社の岡本機工は、設立70周年を迎えて岡本篤史氏が新社長に就任した。100年企業を目指して新たなスタートを切った同社に今後の取り組みなどを聞いた。 ―社長に就任して。  社内の仕組みを早急 […]

フジ矢が若穂囲製作所を子会社化<br>WISEブランドも継続

フジ矢が若穂囲製作所を子会社化
WISEブランドも継続

 ペンチ・ニッパメーカーのフジ矢(大阪府東大阪市、072・963・0851)は5月15日、ボールポイントレンチメーカーの若穂囲製作所(新潟県燕市、0256・97・4640)を子会社化した。後継者のいない若穂囲製作所から事 […]

トピックス

関連サイト