2017年12月11日(月)

日本工作機械工業会 飯村氏(東芝機械会長)が会長に
「将来へ盤石な礎を」

日工会 飯村会長
新会長に就任した東芝機械会長 飯村 幸生氏

 日本工作機械工業会は5月31日、ニューオータニ(東京都千代田区)で開かれた記者会見で、花木義麿会長が任期満了で退任し、東芝機械の飯村幸生会長が新会長に就任したと発表した。

 飯村新会長は「先人たちが築き上げてきた長い歴史を引き継ぎ、日本の工作機械のさらなる飛躍を期して、将来に向けて盤石な礎を築くことが私の役目」と決意を述べた。

 同日開かれた総会では、工作機械の定義に3次元積層造形機を含めるという定款に変更するなど、「技術革新、市場の拡大、需要構造の変化などに柔軟かつ品やかに対応し、工作機械業界の一層の発展を図っていきたい」と話した。

 花木前会長は「就任前は市場調査委員長を務め、サービス講習会の立ち上げるなど、新風を吹き込んだ。業界を力強くけん引してほしい」とエールを送った。

日本産機新聞 平成29年(2017年)6月15日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

工作機械 需要拡大局面、続く<br>メーカー相次ぐ上方修正

工作機械 需要拡大局面、続く
メーカー相次ぐ上方修正

国内外の両輪けん引 IoT、自動化技術の革新カギ  製造業の旺盛な設備投資を背景に工作機械の需要拡大が続いている。海外、そして国内の自動車や半導体向けがけん引し、2017年の受注総額は過去最高に迫る勢いだ。想定を上回る市 […]

川崎重工業とABBが協働ロボ分野で協業<br>使いやすい環境を整備

川崎重工業とABBが協働ロボ分野で協業
使いやすい環境を整備

 川崎重工業とスイスのABBは協働ロボットの分野で協業する。操作面の共通化を図るなど、ユーザーがロボットをより使いやすい環境を整え、中小のユーザー開拓につなげる。  インターフェイスの標準化など操作面の共通化に加え、安全 […]

【治工具特集】ロボによる自動化進歩 IoTも視野に

【治工具特集】ロボによる自動化進歩 IoTも視野に

高精度加工・工程短縮には不可欠  工作機械で高精度に加工するには機械や刃物のみならず、治工具を活用する必要がある。旋削加工、マシンング加工、研削加工など、高精度な機械や刃物を使用しても、肝心のワークがブレたり、ズレたりす […]

トピックス

関連サイト