2018年1月21日(日)

工作機械4月受注・工作機器3月生産

工作機械・4月受注

1,337億100万円 前年同月比34.7%増 前月比6.3%減

工作機械・4月受注

 日本工作機械工業会の2017年4月受注総額は6カ月連続で1,000億円超となった。内需は、前年同月比29.5%増の504億5,900万円と2カ月連続で500億円超。外需は、同38.1%増の832億4,200万円となった。

工作機器・3月生産

163億700万円 前年同月比13.1%増 前月比12.3%増

工作機器・3月生産

 日本工作機器工業会の2017年3月生産総額は、21カ月ぶりに160億円超となった。ボールねじは前年同月比20.9%増の28億9,100万円。直動用案内は同23.4%増の49億9,300万円。NCツーリングは同17.8%減の9億2,300万円となった。

日本産機新聞 平成29年(2017年)5月25日号

[ 日本産機新聞 ][ 統計データ(日本産機新聞) ] カテゴリの関連記事

林社長と和久田社長

【座談会】販売店4社が語る2018 テーマ「未来を拓く戦略」
第1部 -各社の課題と取り組み2-

前回【【座談会】販売店4社が語る2018 テーマ「未来を拓く戦略」第1部 -各社の課題と取り組み-】 いろいろな会社を持つと組織力というか統率力が問われると思うのですが。  和久田  元プロ野球選手と話をしたときに興味深 […]

1-1

得意淡然・不易流行
AI、IoTの活用時代来る

和顔愛語 (わげんあいご・わがんあいご)  温和な顔つきと、穏やかで思いやりのある話し振りを指す語。  揮毫は小池達夫氏  (東京都機械工具商業協同組合理事長、平和テクニカ社長)  欧米をはじめとする先進各国の経済は、堅 […]

座談会の様子

【座談会】販売店4社が語る2018 テーマ「未来を拓く戦略」
第1部 -各社の課題と取り組み-

求めるのは適応能力とハングリー精神  製造業の海外展開やネット商社の台頭など機械工具業界を取り巻く環境は変化し続けている。それに対応するため、機械工具販売店も変化を始めている。こうした背景により本紙では2016年から機械 […]

トピックス

関連サイト