2018年4月20日(金)

ミツトヨ
3次元測定レーザプローブのハイエンドモデル

ミツトヨ 201FS ミツトヨはこのほど、三次元測定機用レーザプローブ「SurfaceMeasure」に最高精度モデル「201FS」を追加した。半導体レーザを搭載し、スキャニング誤差は1.8μmを達成。小物や、高精度部品の測定に適している。

 レーザ照射方式には、フライングスポット式を採用。従来のラインレーザ式のスキャニング誤差12~18μmから大幅に測定精度を向上させた。多重反射に強く、光沢物でも測定できるほか、エッジ部でも高い形状再現性を実現する。

 測定幅は最大23㎜、測定深さは15㎜。同社が現在販売している三次元測定機シリーズに搭載可能。同社は、「高精度に形状全体を面として評価できるため、測定時間の短縮が図れるほか、リバースエンジニアリングなどにも活用できる」としている。

日本産機新聞 平成29年(2017年)5月15日号

[ 日本産機新聞 ][ 測定工具 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

金型、回復に力強さ<br>9年ぶり4000億円突破

金型、回復に力強さ
9年ぶり4000億円突破

 金型の回復が力強さを増している。経済産業省の機械統計によると、2017年の生産額は4200億円と9年ぶりに4000億円台を突破した。自動車の生産台数の増加や半導体関連の好調さに加え、一部では国内回帰している金型もあるか […]

京二 中国事業を強化<br>工具や鋳物の取扱拡大

京二 中国事業を強化
工具や鋳物の取扱拡大

18年度に売上6.5億円  京二(東京都新宿区、03・6457・5460、井口宗久社長)は中国ビジネスを拡大する。扱い商品を増やすほか、鋳物部品の供給も始めるなど、中国プロジェクトの売上高を2018年度に前年比22%増の […]

NTN 和歌山に軸受工場<br>IoT、AIで自動化

NTN 和歌山に軸受工場
IoT、AIで自動化

 NTN(大阪市西区、06・6443・5001)は、和歌山県橋本市にラジアル軸受の工場を新設する。自動車の電動化や産業機械業界の回復を背景に需要が高まる低摩擦や長寿命の軸受を生産する。2018年7月に着工し19年6月に量 […]

トピックス

関連サイト