2017年11月24日(金)

この人に聞く2017
エンジニア 髙崎 充弘社長

ヒット商品生む独自の理論

 ネジザウルスなどで知られるエンジニア(大阪市東成区)は今年3月、ネジザウルスシリーズの6機種目にあたる「ネジザウルスZ」で世界3大デザイン賞の1つである「iFデザイン賞」を受賞したほか、コーポレートロゴを刷新するなど、ブランド力を強化している。ヒット商品を生む独自の「MPDP理論」を用いて、誰もが安心して使える工具作りやデザイン、技術的な特許、遊び心を加えた商品ラインナップで人々を魅了する同社のブランド作りに迫る。

iFデザイン賞を受賞

髙崎充弘社長
 東京大学舶用機械工学科卒業後、造船会社のエンジニアとして10年間勤務、この間米国のRPIの修士課程卒業ののち、1987年同社入社、2004年9月代表取締役社長に就任
―iFデザイン賞受賞おめでとうございます。
 ネジザウルスシリーズでは2度目の受賞となりました。初受賞のネジザウルスGTのあと、ヒット商品を生み出す「MPDP理論」を発見し、商品作りに取り入れましたが、なかなか2度目の受賞に至りませんでした。今回、MPDP理論を用いたシリーズ6機種目の「ネジザウルスZ」が受賞し、私も社員もこれで自信が持てました。

―ブランド力をどのように作っているのですか。
 ブランドの構築は中小企業にとって重要です。ブランド力があれば、類似品での価格競争やコピー品が出ても、安心して使ってもらえます。当社のブランド作りは、クール(デザイン)、イノベーティブ(革新技術)、遊び心(商品名など)と3つの要素があり、代表的なネジザウルスでは、カッコ良さ、技術的な特許、恐竜というネーミングなどに表れています。その効果は新しいことに挑戦する、面白そうな会社と認めてもらえることにつながり、さらに発展して「世界一愛される工具メーカー」になりたいと思っています。

ロゴ刷新しブランド強化

―コーポレートロゴも変更しました。
 コーポレートロゴはこれで3つ目になります。最初は1957年に私の父が作り、それから30年間隔で刷新しています。これまで線が細目のロゴでしたので、「力強さ」や「柔らかさ」をイメージしました。ロゴには種類があって、ソニーやパナソニックなど社名を図案化・装飾化したロゴタイプとナイキのようなシンボルマーク、キャッチコピーのようなタグラインがあります。今回新たに「あなたを、ヒーローに。」というタグラインを加えました。このタグラインは当社のサウンドロゴとして「音」商標に出願しており、3つの要素を入れた新ロゴになっています。

―販売を強化する商材は。
 今夏にネジザウルスシリーズの7機種目を投入する予定です。ねじのトラブルやニーズはまだまだ多く、ネジバズーカなども含め、1つの分野を深く追求し課題解決を進めていく中で、製品・サービス両方の強化を一層図っていきます。

―海外展開では。
 ねじの困り事は世界共通です。アメリカではネジザウルスを「ヴァンプライヤーズ」と名前を変え、各国の特長を活かしたブランディングを行っています。当社と同じ思いを持つ代理店と共に海外展開も図っていきます。

日本産機新聞 平成29年(2017年)5月15日号

[ インタビュー ][ トップインタビュー ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

機械工具商社上場9社の第2四半期決算

機械工具商社上場9社の第2四半期決算

通期見通し 2社上方修正  機械工具商社上場9社の2017年4〜9月の決算(トラスコ中山は1〜9月)が出そろった。好調な自動車や半導体関連産業を中心に幅広い産業で設備投資が活発に動いた。工作機械や自動化設備などの受注が好 […]

日本機械工具工業会 17年度、上向きに修正

日本機械工具工業会 17年度、上向きに修正

前年度比6.9%増に  日本機械工具工業会(牛島望会長)は11月2日、2017年度の生産額の見通しを対前年度比6.9%増の4737億円に上方修正すると発表した。自動車やIT関連の堅調さに建機も加わり、世界中で切削工具の需 […]

マクシスエンジニアリング

「産業用ロボット」総力特集
=市場と販売の現場を調査=

自動化・無人化背景に高まる市場 生産見通し8000億に上方修正  労働力・熟練技能者の減少などを背景に、生産設備の自動化のひとつとして産業用ロボットの市場が拡大している。自動車や電機大手にとどまらず、中小規模のユーザーに […]

トピックス

関連サイト