2018年6月25日(月)

「テザック」

名付け親は社員と家族

TESAC テザック(大阪市西区)は1988年に旧社名「帝國産業株式会社」から現在の社名に改称した。社員の意識向上推進の一環として、全社員とその家族から新社名を募集し、現在の社名となった。命名の由来は、旧社名の英文表記である「TEIKOKUSANGYO CO.」の各頭文字から「TESAC」としたが、発音は力強い音となるように濁音とした。

 テザックは、繊維ロープ、麻・合成樹脂による産業資材、環境緑化・落石防止製品事業、ベルトスリング及び建材等の物流建設資材の4事業を展開している。

 明治40年創業、昭和18年設立という伝統を引き継ぎながらも、常に革新を追い求め、更なる成長を目指している。

日本産機新聞 平成28年(2016年)7月25日号

[ コラム ][ 命名 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

業界分析

新人営業に望むこと
不変の課題と変化への対応

 対話力やチャレンジ   IT使い、対応早く   基礎じっくり教える   機械工具のメーカーや商社、販売店に新卒の営業が配属されてもうすぐ3カ月。新人営業に経営者や営業の責任者は何を望んでいるのだろうか。身につけて欲しい […]

機械工具工業会 生産見通し5108億円<br>今年度 超硬・ダイヤが伸長

機械工具工業会 生産見通し5108億円
今年度 超硬・ダイヤが伸長

 日本機械工具工業会(牛島望会長・住友電気工業専務)=写真=は、今年度の機械工具生産額を前年度比5.9%増の5108億3200万円とし、5000億円を突破すると見通した。2017年度は、同8.9%増の4824億500万円 […]

フルードパワー工業会 21年に9000億円超<br>油・空圧機器出荷額

フルードパワー工業会 21年に9000億円超
油・空圧機器出荷額

 日本フルードパワー工業会(石川孝会長)はこのほど、2021年に油・空圧機器の出荷額が9308億円に達するという長期予測を発表した。建設機械や工作機械、ロボット向けなどを中心に油圧機器、空圧機器ともに高水準の需要が見込ま […]

トピックス

関連サイト