2017年10月21日(土)

「テザック」

名付け親は社員と家族

TESAC テザック(大阪市西区)は1988年に旧社名「帝國産業株式会社」から現在の社名に改称した。社員の意識向上推進の一環として、全社員とその家族から新社名を募集し、現在の社名となった。命名の由来は、旧社名の英文表記である「TEIKOKUSANGYO CO.」の各頭文字から「TESAC」としたが、発音は力強い音となるように濁音とした。

 テザックは、繊維ロープ、麻・合成樹脂による産業資材、環境緑化・落石防止製品事業、ベルトスリング及び建材等の物流建設資材の4事業を展開している。

 明治40年創業、昭和18年設立という伝統を引き継ぎながらも、常に革新を追い求め、更なる成長を目指している。

日本産機新聞 平成28年(2016年)7月25日号

[ コラム ][ 命名 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

メカトロテックジャパン2017<br>今回の見どころは

メカトロテックジャパン2017
今回の見どころは

史上2番目の規模で開幕 会場:ポートメッセなごや 会期:10月18〜21日  今年の国内最大の工作機械見本市であるメカトロテックジャパン2017(MECT)が10月18〜21日にかけ、名古屋市港区にあるポートメッセなごや […]

ファン獲得の仕組みづくり<br>セコ・ツールズ・ジャパン 靏久 達也 社長

ファン獲得の仕組みづくり
セコ・ツールズ・ジャパン 靏久 達也 社長

新社長に聞く2017  「セコ・ツールズのファンを増やしたい」。そう話すのは、今年7月に日本法人の社長に就任した靏久達也氏。航空機、発電分野の難削材加工では圧倒的な強みを持つ同社の切削工具。より多くの人に届け、良さを実感 […]

1兆5500億円に上方修正<br>日工会 2017年の受注予想

1兆5500億円に上方修正
日工会 2017年の受注予想

国内、自動車・半導体がけん引  日本工作機械工業会(飯村幸生会長・東芝機械会長)はこのほど、2017年の工作機械受注額予想を年初に発表した1兆3500億円から1兆5500億円に上方修正した。内需は円安基調を追い風として堅 […]

トピックス

関連サイト